【美温の料金を徹底解説】料金プラン・入会費・費用を抑えるコツを紹介

【美温の料金を徹底解説】料金プラン・入会費・費用を抑えるコツを紹介

富士山の溶岩石を使って作られたホットヨガ「美温」はスタジオにいるだけでマイナスイオンと遠赤外線の効果を受けられるとあって話題です。

そこで今回は美温を気になっている人に向けて料金プランや入会費用、レンタル料、さらに節約のコツまで解説します。

美温のマンスリーコースの料金

美温には月に決まった金額を払うコースがあります。特定の店舗でしか利用できないコースなど多種多様な種類がありますから、じっくり解説していきましょう。

まずは各コースの料金と特徴を確認してください。

美温の料金プラン一覧表
通常本コース月額料金店舗時間帯1日のレッスン制限1ヵ月のレッスン制限
①月24,400円~7,150円所属店舗のみ全時間帯2回2回
①月46,600円~12,100円所属店舗のみ全時間帯2回4回
①月611,764円大宮店全時間帯2回6回
①月810,450円~17,600円所属店舗のみ全時間帯2回8回
①平日月48,800円所属店舗のみ平日10:00~17:152回4回
①デイタイム月56,600円所属店舗のみ平日12:00~18:002回5回
②デイタイム22,000円所属店舗のみ開店~15:00開始のレッスン2回なし
③フルタイム33,000円所属店舗のみ全時間帯2回なし
④タオル無しフリー8,800円溝の口店全時間帯2回なし
④タオル有りフリー9,900円溝の口店全時間帯2回なし
⑤平日フリー12,100円藤沢店平日全時間帯2回なし

①月2~月8プラン

月に決まった回数だけレッスンを受けられるコースです。解約しない限り毎月自動的に支払いが発生するため、チケットよりも安くレッスンを利用できます。

料金は月々4,400円~17,600円です。受けられるレッスンの数や契約する店舗によって価格は大きく異なります。レッスン数が多いほど高額になりますが、1回あたりのレッスン料は安くなります。また、人口が少ないエリアにある店舗ほどリーズナブルです。

1回あたりのレッスン料が一番安いのはデイタイム月5で、6,600円です。提供している店舗は数店しかありませんが手軽かつ安いコースと言えます。

毎月のレッスン数が8回を超えない方や、ホットヨガが自分に合うか確かめたい方に向いているコースです。

②デイタイムプラン

月額22,000円で開店から15時開始までのレッスンに1日2回毎日通えます。一度に8つの予約が取れるため予約を効率的にできるメリットもあります。

空いている昼間の時間帯に集中してトレーニングしたい人に向いています。トレーナーの助言を聞ける機会も夜間より多いのもメリットです。

③フルタイムプラン

全ての時間帯で1日2回まで毎日レッスンを受けられます。定休日を除けば週に最大12回トレーニングできるため、夏を前にボディメイクしたり、ヨガスキルを短期間に向上させたい方に最適です。

料金はマンスリーコースでは最も高額な33,000円。1日2回、月に48回レッスンを受けた場合の1レッスンあたりの料金は648円になります。

④タオル有りフリー・タオル無しフリープラン

溝の口店だけで提供されている特別なコースです。全時間帯で1日2回まで毎日トレーニングできます。料金がリーズナブルで、タオルのレンタルサービスが付帯して9,900円です。
溝の口店に通えるエリアの方は注目すべきコースのひとつでしょう。

⑤平日フリープラン

平日ならいつでも1日2回まで使い放題のコースです。料金はフリーコースにしては12,100円と使いやすい価格設定になっています。

利用できるのは藤沢店のみです。藤沢店が近くにあって平日にしかトレーニングしないなら検討すべきでしょう。

美温の予約・キャンセル方法

美温の予約・キャンセル方法!予約しやすさや混雑する時間帯でも予約をとるコツを解説

続きを見る

美温の回数券(チケット)の料金

回数券は1枚で1回レッスンを受けられます。料金は契約する店舗により異なります。パーソナルトレーニングでは使えません。
各チケットの料金一覧は次のとおりです。

<料金一覧表>

チケット種類月額料金店舗時間帯1日のレッスン制限有効期限
3回券8,154円~10,465円複数店舗全時間帯2回2ヵ月
5回券12,873円~16,524円複数店舗全時間帯2回2ヵ月
10回券26,157円複数店舗全時間帯2回3ヵ月

1回あたりの料金は回数が多い券ほどお得ですが、10回券でも2,615円ほどでマンスリーコースよりも高いです。
回数券のメリットは複数店舗で利用できることと、購入した翌月以降も使えること。例えば東京オペラシティ店の回数券は大崎店でも利用できます。また、10回券なら有効期間が3ヵ月間もあります。

わずかな額ですがWEBで予約すると店舗により160円~250円の割引を受けられます。

月々の利用回数に差があり、少しでもレッスン費用を節約したい方におすすめです。

美温の都度払いの料金

都度払いは1度だけレッスンを受ける場合に便利な使い方です。料金は店舗ごとに違い、2,970円~3,740円ほど。WEB予約を利用する場合は145円引きになります。

注目すべきなのはレッスン前にバスタオル2枚とフェイスタオル1枚が付くことです。割高なサービスになることが多い都度払いとしては太っ腹な対応と言えます。

都度払いでレッスンを受けるのがおすすめな方は月に1回しかレッスンを受けない方や、他店に興味のあるレッスンがある場合です。マンスリーコースを契約していれば安く追加レッスンを受けられるため、会員は都度払いを利用する機会が少ないです。

美温のパーソナルトレーニングの料金

インストラクターが利用者の希望に沿った最適なトレーニングメニューを提案し、マンツーマン指導をしてくれます。

トレーニング内容は各スタジオのトレーナーの特色が反映されます。目的によってはヨガだけでなくピラティスや体幹トレーニングをメニューに加えることもあります。

パーソナルトレーニングを利用するには毎回予約が必要です。トレーニング時間の異なる3つのプランから自分に適したものを選びましょう。

  • 30分4,290円~4,620円
  • 45分6,435円
  • 60分7,920円~8,580円

料金は店舗により異なりますが大きな差はありません。また、パーソナルトレーニングを提供していない店舗もあります。

なお、回数券は利用できません。

美温の効果を徹底検証!実際に通って感じたこと&効果に関するみんなの体験談

美温の効果を徹底検証!実際に通って感じたこと&効果に関するみんなの体験談

続きを見る

美温でレンタルできるアイテムと料金

美温でレンタルできるのは次の3点です。

  • 飲料水(500ml) 120円
  • ウェア上下 各300円
  • レンタルウェアセット(ウェア上下・水) 524円

ウェアはレンタル料が相場より100円ほど高いです。また、お得なウェアセットは提供している店舗が少ないので注意してください。

タオルはレッスンを受ける前にバスタオル2枚とフェイスタオル1枚が貸し出されるためレンタルする必要はありません。

ヨガマットは不要です。レッスンでは代わりにバスタオルを使います。

美温の体験レッスンの料金

体験レッスンの料金は500円~1,000円ほどです。店舗によってことなりますが1,000円に設定しているところが目立ちます。

1,000円以下の店舗は期間限定の特別価格です。多くは1ヵ月程度で元の料金に戻ります。気になる店舗の体験コースが1,000円を切っているなら予約する良い機会です。

体験コースを手ぶらで受けられる店舗もあります。タオルセットとウェア上下、そして飲料水500mlが無料で提供されます。手ぶらに対応していても替えの肌着は持っていきましょう。

手ぶらが可能かどうかは店舗に電話で聞くのが一番です。公式サイトで手ぶら可能と明記されていなくても対応していることもあります。

美温で入会に必要な費用はいくら?

美温に入会する際に支払う費用は次の3つです。

  • 入会金5,500円
  • 事務手数料3,300円
  • 月会費2か月分

ほとんどの店舗でこの価格になっていますが、人口の少ないエリアでは料金が変わる可能性もあるでしょう。

具体的な入会費用をイメージしやすいように月4コースに入会する場合の費用を試算すると33,000円になります。

最初に月会費を2ヵ月分支払うため、どうしても料金は高額になりやすいです。

複数の店舗の入会費用を比較するなら月会費が何ヵ月分か最初に確認しましょう。1ヵ月分で済んだり、契約した当月は月会費が免除されるところがお得です。

美温の入会費用を安くするコツ

入会費用を安くしたいなら入会当日割引を利用しましょう。

入会当日割引は体験コースを受けたその日に入会することで受けられる割引のことです。

割引内容は店舗や時期によって異なりますが、多くの店舗では入会金5,500円と事務手数料3,300円が無料になります。他には回数券が10%~20%割引になる店舗もあります。

入会金と事務手数料が無料になるだけでも大きな節約になりますが、それ以上のお得を求めるなら入会当月の月会費が無料になる店舗を探しましょう。

月会費は入会費用の50%以上を占めますから、これを無料にできれば大きいです。

体験コースの料金(500円~1,000円)がキャッシュバックされる特典も地味ですがありがたいでしょう。過去に新鎌ヶ谷店や大高店で実施されました。

入会手続きに必要になる書類は次の2つです。

  • 本人名義のキャッシュカードか通帳と届出印
  • 身分証明書(運転免許証やパスポートなど)

忘れずに持っていきましょう。

美温の料金の支払い方法

美温は複数の支払い方法を利用できます。ただし支払い内容によっては特定の決済方法しか利用できないケースもあります。最低限、入会費とチケットの支払い方は確認しておきましょう。

入会費(入会金・事務手数料・月会費)の支払い方法

入会費は銀行の自動引き落としを利用して支払います。入会時の必要書類にキャッシュカードがあるのはそのためです。

しかし、溝の口店など一部の店舗ではクレジットカードで支払うことも可能です。

入会費は高額ですから、クレジットカードのポイントバックを狙いたい場合は店舗にカードが使えるか確認してください。

いずれの方法も一度支払い契約すると解除に手間がかかります。よく考えてから決断しましょう。

回数券チケットの支払い方法

回数券は店頭窓口で購入します。

支払い方法に選べるのは現金もしくはクレジットカードです。利用できるカードブランドは店舗により違います。

例えば溝の口店ではVISA・マスターカード・JCB・アメックス・ダイナースクラブ・セゾン・UCの7種類が使えます。

美温は他社よりも安い?比較してみた

美温のレッスン料は他社よりも高いです。ライトユーザーが利用することが多い月4回のマンスリーコースは月額12,100円で、大手LAVAの10,800円より高額です。

本気でヨガに取り組みたい方に向いているフルタイムコースも美温が33,000円なのに対してLAVAは16,800円と半額に近い金額になっています。

ただし、人口が少ないエリアでは月4回コースが6,600円、フルタイムに近い平日フリーコースが12,100円で、だいぶ安くなっています。しかし、ユーザーが少ない地域で価格が安いのはLAVAも同じです。

料金面で美温が他社より優れている点はほぼ無いと言っていいでしょう。とくに利用頻度が高い方は別のスタジオを検討すべきです。

【LAVAの料金】初期費用からプランごとの月会費・支払い方法・安くする方法を解説

【LAVAの料金】初期費用からプランごとの月会費・支払い方法・安くする方法を解説

続きを見る

まとめ:美温の料金設定はライトユーザーにおすすめ

美温は月4回や回数券のようなライトユーザー定番の使い方をするなら相場の価格で手軽に利用できます。しかし、何度も利用できるフルタイムコースは相場よりも非常に高額です。美温でヨガ技術を上げたい場合には費用がかかるでしょう。

ただし、会員ならタオルや飲料水は無料になりますから、レンタル料を差し引いた月4回コースや回数券の料金は大手LAVAよりも数百円お得です。

美温は料金的な魅力が乏しいため、興味のあるレッスンがあれば、それだけを受けるような限定的な使い方をするといいでしょう。その際に1週間のトレーニング回数を2回以下にすれば費用が相場を大きく超えることはありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
yase

ユリア

沖縄県出身の29歳、元スポーツジムのインストラクター。痩せたいのに痩せれない。そんな頑張りたい人を応援するためにダイエットに関するブログを立ち上げました。ダイエットといっても目標や自分に適した方法も様々。いろんなダイエットの方法を紹介しながら、ジムやエステの選び方まで幅広く解説していきます。ぜひ一緒にがんばっていきましょう!

-ホットヨガ