ラジオ波(RF)の効果とは

痩身エステの種類

ラジオ波(RF)の効果とは?痛みなく脂肪を分解しやすい状態に!メリットや注意点まとめ

自分なりのダイエットに限界を感じた。運動してもセルライトがなくならない。そんな人にオススメなのが痩身(そうしん)エステ

とくに、人の手では届かない身体の内部へのアプローチが可能な痩身マシンの効果に期待をしているかたも多いでしょう。

一口にマシンといってもその種類はさまざまですが、中でも比較的多くのサロンで導入されているメニューの1つがラジオ波です。

今回は、ラジオ波は一体どういった仕組みで、どのような効果を期待できるのか、またより効果を高めるためにはどうしたらいいのか?注意点も一緒にまとめました。

エステで使われる機械、ラジオ波(RF)とは?

エステのラジオ波(RF)

ラジオ波は電磁波の1種で、文字通りにラジオやテレビの電波と同じものです。

この電磁波の中で周波数が30MHzから300MHz、波長が100kmから1mのものを総称してラジオ波と呼び、「radio frequency」の頭文字をとって「RF」とも言われています。

このラジオ波には温熱作用があり、身体に照射することで体内の水分に振動を与え、そのエネルギーで発熱させて3度から5度ほど体温を上げることができます。

横になったまま激しい運動をせずに変化を得られるため、体力がないかたでも基礎代謝をアップさせ

  • 血流を促進したり
  • リンパや水分の循環をスムーズにしてむくみの改善を期待できる

など、痩せやすい身体づくりをできるのが特徴です。

なお、この水分や脂肪を振動させる摩擦熱、ジュール熱によって、真皮層に存在する線維芽細胞も代謝が活性化します。

ハリを出すコラーゲンやエラスチンを生成を促進し、ダイエットと同時に肌のコンディションを整えることが可能です。

ラジオ波(RF)による施術で期待できる効果について

脂肪を分解しやすい状態にする

ラジオ波によって生じる熱は、身体の深部で41度まで上昇。これにより、凝り固まった脂肪や手の届かない皮下脂肪の細胞を分解、柔らかく溶かし出しやすい状態にすることが可能です。

体温が上がり代謝が活発化

体温が高くなれば内臓機能も向上。血液やリンパの循環、エネルギー代謝がスムーズになります。エネルギー変換を滞らせずに、摂り入れたものを効率よく燃焼しやすくなるのです。

シワや乾燥やたるみをケア

潤いをもたらすコラーゲンやエラスチンの働きが活性化することで、肌の水分量がアップ。肌にハリが出したり、水分不足が原因の乾燥や肌とトラブルの改善効果を得られます。

ラジオ波(RF)による痩身効果とは?

痩せやすい身体になる

身体が温められることで循環機能が改善し、体内に溜まっている余計な老廃物を外部に排出しやすくなります。

さらに、内臓を働かせるために消費されるエネルギー量が増えるため、食べても太りにくい状態になるというのが嬉しいポイントです。

アンチエイジング効果

ラジオ波を照射することで発生した熱により、コラーゲン繊維が収縮。肌を傷つけることなく表皮が引き締まって、シワやたるみを改善できるというのも特徴です。

気になる部位を効率よくダイエット

冷えやむくみが解消されることで、体重そのものに大きな変化が見られなくても身体がスッキリとしてきます。また、マシンを当てる部位を集中させることで部分ダイエットも可能です。

ラジオ波どういったタイプやどんな部位に適している?

ラジオ波の照射によって、身体を中から温めて基礎代謝を向上させられること、内臓の機能を高めたり循環をスムーズにできるため、体温が低いかた、冷え性やむくみに悩んでいるかた、そして脂肪量が多いかたの利用に最適です。

とくに、食事制限や運動だけではケアが難しい、セルライトがつきやすいお腹やお尻、太もも痩せを目指しているかたにもおすすめします。

ピンポイントで照射して脂肪を柔らかくし、同時に代謝を向上させることで排出を促せるため効率がいいのです。

ラジオ波を利用した3つの痩身マシン

インディバ

電気メスと同等の周波数と機能を応用した高周波温熱治療器で、0.448Mhzという特許を取っている高周波を通電させることで体内に熱を発生させます。脂肪や皮膚だけではなく骨、筋肉までに範囲が及び、通常で体温を3度から5度ほど、部分的には7度上昇させることが可能です。

全身の代謝機能を高められるモノポーラ方式の代表的なマシンで、ダイエット効果はもちろん、筋肉の緊張を緩和させたり関節の動きの改善も見込めます。

ハイパーナイフ

特に脂肪やセルライトに対して効率よく加熱できる周波数、1MHzで痩身ケアできるのが特徴です。

二極間でピンポイントに必要な部位を素早く温められるバイポーラ方式で、全身よりも部分痩せ向き、なおかつスピーディーな変化を得やすいのも魅力となっています。

ハイパーナイフとは?効果がでるまでの回数や期間、副作用や注意点・口コミ評判まとめ

サーモシェイプ

周波数は40.68MHzで電子レンジと似た仕組みのユニポーラ方式です。深部の水分を回転させて、ダイレクトに高熱を生じさせます。

セルライトが付いている部位や、お腹の厚い皮下脂肪や内蔵脂肪の減少にも効果を発揮しますが、さらにコラーゲンを刺激し、表皮と真皮の状態を改善させて美肌作用を得られるのが特徴です。

ラジオ波を利用した施術の一般的な流れ

来店したらガウンに着替え、施術室に案内されて採寸が行われます。ラジオ波を使った施術では体温が上昇するため、脱水が起こらないように水分を摂ったり、足湯などで身体を温めて準備を整えてから施術開始です。

施術台に横になり、専用のジェルを塗布してから軽いマッサージを施し、ラジオ波を照射していきます。終わったらジェルをホットタオルで綺麗に拭い、再び採寸。着替えてから待合室に移動して、アフターカウンセリングで体型の変化を見たり、今後の施術方針を打ち合わせして終了です。

ラジオ波を使ったエステの費用相場

基本的には施術時間、施術範囲に比例して高額になり、サロンごとの設定の違いも大きくなっています。多くのサロンで60分から120分ほどの施術時間で、料金は1回8,000円から15,000円程度と見ておくといいでしょう。

少しでも出費を抑えたいという場合には照射部位を減らし、全身ではなく脂肪がつきやすい下半身や二の腕をピンポイントでケアするのがおすすめです。

なお、各サロンでは初回利用者を対象としたキャンペーンも展開していて、クーポンなどを反映させればさらに安く受けられるチャンスがあります。

痩身エステ8社の料金を比較!相場よりも高い?一回あたりの料金や総額費用、お得に通う方法まとめ

ラジオ波をより痩身効果をアップさせるポイントを押さえておこう

エステ前にしっかり水分補給

サロンによっては用意してくれるところもありますが、代謝アップと老廃物排出促進の手助けのために、施術を受ける前にコップ1杯程度の常温の水、もしくは白湯を飲むようにしましょう。
この時に、身体を冷やさないように冷水を口にしないようにしてください。

施術後はマッサージがおすすめ

せっかく代謝が向上していますから、効率よく燃焼できるタイミングでマッサージや軽いウォーキング、エクササイズを行いましょう。じっとしていては、思うように身体に不要なものが排出されません。
また、エネルギーが燃焼されるとお腹が空きますが、空腹を満たすために食べすぎには注意。普段から食事バランスに気をつけることも大切です。

ラジオ波の評判は?口コミ・体験談

https://twitter.com/0x8VQbbc1IkF7Zq/status/1226888792298020865

https://twitter.com/thankyoumeee/status/1279757582370959361

https://twitter.com/izmiin89/status/1214936420285992960

照射した部位が温かくなり、脂肪が柔らかくなったと手触りで実感しているかたが見られます。すぐにサイズダウンしたという感想より、痩せやすい状態に変化したことを喜んでいるかたが多い傾向です。

ある程度刺激はあるものの心地よく感じる程度で、どなたも快適な施術に満足している様子が窺えます。

ラジオ波の優れている点と注意点

メリット

・頑固なセルライトも除去できる
・美肌効果の期待大
・体温上昇でむくみや冷え性も改善

デメリット
・体質改善には時間がかかりがち
・不快ではない程度に刺激がある
・食事の見直しや運動も必要

ラジオ波でよく聞かれる質問と回答

[qa-box01 title=”効果を得るためにどの程度通う必要がありますか?”]効果の定着は8回から10回が目安です。週に1回なら2ヵ月から3ヵ月ほどかかります。[/qa-box01]

[qa-box01 title=”完了後効果は持続されますか?”]脂肪細胞は小さくなるものの数は減らないため、油断しているとリバウンドします。引き続き生活習慣に気をつけることが大切です。[/qa-box01]

[qa-box01 title=”1回にかかる施術時間は?”]エステのプランにもよりますが、60分、90分、長くても120分が1セットです。[/qa-box01]

[qa-box01 title=”副作用がないか心配です”]金属アレルギーがあるかたは、マシンが肌に触れることで症状が出る場合がありますので気をつけてください。また、出力を間違うと火傷をしてしまうリスクがありますが、施術そのものは身体に負担がかからない安全なものです。[/qa-box01]

[qa-box01 title=”ラジオ波を利用できないケースはありますか?”]医療用機器を使用しているかた、身体に金属が入っているかた、持病のあるかた、妊娠中や出産直後のかたなど、体調が万全ではないかたは施術を受けられません。不安があれば、カウンセリング時に相談してください。[/qa-box01]

[qa-box01 title=”自宅用のマシンとエステのマシンはどう違うのでしょう”]得られる効果は同様ですが、出力性能が大きく異なるため、同じ時間照射しても出力が小さい家庭用のものは得られる作用が弱めです。[/qa-box01]

[qa-box01 title=”キャビテーションと異なる点が知りたいです”]キャビテーションは超音波を用い、脂肪細胞に気泡を発生させて弾けるエネルギーで分解、細胞そのものを排出させるマシンです。循環機能を高めるラジオ波とは異なり、脂肪にのみピンポイントに働きかけて、即効性のあるダイエット効果を期待できます。[/qa-box01]

ラジオ波エステの特徴を知り施術を受けよう

ラジオ波は身体の内側から温めて代謝を向上させ、脂肪燃焼を促すマシンです。エネルギーが燃えやすい身体に改善していき、太りにくい体質に変化させる期待ができます。

部分痩せはもちろんですが、全体のサイズダウンを目指したいかた、生活習慣を見直して健康的に痩せたいかたに最適です。

-痩身エステの種類

© 2020 痩せLABO